タイヤ交換に便利なアイテム!クルピタ丸【EM-239】

スポンサーリンク

タイヤ交換グッズ
雪国の車乗りにとって冬の面倒事のひとつと言えばタイヤ交換ですよね!

あの重いタイヤを付け替える作業ときたら、まーーー面倒くさい。

そんなタイヤ交換を少しでも楽にするためのグッズ「EMERSON(エマーソン) タイヤリフター クルピタ丸 EM-239」をご紹介します。
面倒くさがり屋だけではなく腰痛持ちにもオススメ!

組み立て

クルピタ丸の組み立て
組み立て中の写真。
箱にバラバラの状態で入っているのでパーツを組み立てます。
付属の六角レンチを使用。意外と面倒。

途中から撮り始めたので初期の分解された写真はありません…

使い方

組み立て終わった後の写真&使い方。
クルピタ丸の使い方
レバーをグルグルと回すと棒が動くという仕組み。
棒と棒の間にタイヤを乗せてタイヤの高さを調整します。

ええ、なんともわかりにくい説明です。

タイヤを乗せる部分の幅が狭まるほどタイヤは上がり、
幅が広がるほどタイヤは下がるというわけ。
図解すると、

クルピタ丸の解説図
こういうことです。
クルピタ丸にタイヤを乗せた状態を真横から見た図ですね。
タイヤの下の灰色な丸がクルピタ丸で、幅が狭いとタイヤは上がり、幅を広げるとタイヤが下がる、と。

この図を作っていたらGANTZを読みたくなりました。

タイヤ交換グッズ
てことでクルピタ丸にタイヤを乗せた状態でハンドルを回して高さを調整し、タイヤの脱着をするわけです。

クルピタ丸自体にローラーが付いているので、タイヤを乗せたまま移動も可能。タイヤを運ぶのにも役立ちます。

使い方に関してはAmazonに動画があったので、図や文章よりそっちを観た方がわかりやすそう。

注意!商品は低品質の可能性大

購入前から知ってはいましたがこの商品、とても品質が悪いんです。
購入者はきっと箱から出した瞬間に気付くことでしょう。

サビている商品
汚っ!!サビと汚れにまみれています。
こいつ、新品なんだぜ……

汚れたグリス
グリスも古そう。てか雑な仕事だな。申し訳程度についてるだけじゃないか。
そして左側に見えるサビの酷さよ。

もう一度言うけど、新品です。中古じゃあない。

コレ、たまたまハズレを引いたのではなく、こんな状態なのばかりみたいなんですよね、Amazonでのレビューを見る限り。当たりは存在するのかな?
まあまあ安く便利な商品だけに品質の悪さが残念すぎます。

まとめ

レバーを回して高さ調整ができるので、外すときよりも装着の際に特に役立つアイテム。
ただしレバーを回して調整するという作業そのものに時間が掛かってしまい、通常よりもタイヤ交換に時間が掛かってしまいました。

非力な方や腰の弱い方にはありがたい商品だとは思います。腰痛予防にもなりますしね。

商品の品質が残念すぎるので、現時点でのご購入は低品質なのを覚悟の上で。

スポンサーリンク
(最終更新:2017年5月13日)
CATEGORY :