Su-Pen(スーペン)ゲーマーズモデルの使い心地が良すぎるので持ってない人はぜひ買うべき

スポンサーリンク

スーペン
いまさらスーペンの紹介かよ!?
と言われても仕方ないのだけれど、ようやく買いました!

…半年前に(ボソッ)

あまりに使い心地が良くて操作感アップしまくったからみんなオススメだよ(^ω^)って記事。

Su-Pen ゲーマーズモデル マットブラック

スーペンの外箱
購入したのはSu-Pen ゲーマーズモデル マットブラック
定価は税込み3500円。

あのマックスむらい氏が取締役を務めることでも有名なAppBankから通販で購入しました。
近場の店舗で直接購入したかったけど、そこらのお店では売っていないんだもの…。
AppBank Storeの実店舗でも取り扱っているので、近くにお店がある方はそちらでも購入可能です。

ちなみに販売・開発は株式会社MetaMoJi

スーペンケース
『iPad/iPhone上で文字を書くことにこだわり続けることで生まれた、完全オリジナルのスタイラスペンです』だってさ。
たしかにゲーム以外でもスマホ操作全般で使いやすい。

スーペン
ペンにはキャップが付属するため、筆箱やカバンなどに入れててもペン先が潰れたり傷がつくようなことが無い安心設計です。

スーペンのペン先
スーペンのペン先には特殊な誘導性体繊維を使用。
これがなかなか柔らかく・・・

誘導性繊維
自重だけでも結構ヘコむ(手で押したりはしていません)

ペン先の比較
以前に紹介したスマート アルミ スタイラスペンとのペン先の柔らかさ比較。
スマート アルミ スタイラスペンは弾力があってヘコみはわずかなのですが、スーペンは弾力がなくヘコむ。
そのおかげもあってか、スーペンの方が液晶に対する感度が良好です

ペンの後方
ペンの後方。お尻の部分と言えば伝わる?
ここにはAppBankのロゴマークが刻印されています。

この写真はわかりやすくするために光を反射させて目立つように撮影していますが、実物は目立つものではなく、そう気になるものではありません。使用時にはキャップで隠れる部分ですし。

スーペンの重さ
スーペンの重量は18.7g
ゲームのために改良されたモデルということで、ペン先に重量がありゲーム操作がとてもしやすい。
というかパズドラのドロップを抜群に動かしやすい。

スーペンでパズドラ
スーペンでパズドラ。
これは…使いやすい!
指に比べて平均コンボが2つは増えると言っても過言ではない!

昨年iPhone7に機種変した際に初めてガラス製のフィルムに変えたのですが、以前に使っていたスマート アルミ スタイラスペンでは反応が悪くてパズル中にドロップが離れてしまうことがあったのですが、スーペンにしてからはそれが解消。

0.33mmのガラスフィルムを使用していますが感度は良好です。

スーペンの交換用ペン先

ペン先のスペア
スーペンのついでにペン先のスペアも購入しました。
2つセットで税込み1800円。
ペン先だけを交換することが可能なので反応が悪くなっても丸々買い換えることがなく経済的です。

とは言ってもスーペンを使い始めて7ヶ月が経過しますが、ペン先はまったく潰れず綺麗なまま。
スペアに交換するのはまだまだ先になりそうです。

スーペンはどんなゲームにもオススメ

スーペンは感度・重さ・太さ・長さと全てにおいて理想的なタッチペンだと感じています。

パズドラがきっかけで爆発的に売れた商品ですが、パズドラに限らずどのゲームにも使える、現状最も素晴らしいタッチペンではないでしょうか。

スポンサーリンク
(最終更新:2017年6月21日)
TAG :