TANITA デジタルクッキングスケール KD-192

スポンサーリンク

tanita-kd-192
キッチンスケールってあるじゃないですか。食材の重さを量るアレ。

普段料理を作らない僕にとってクッキングスケールなんて無用の長物だったわけですが、ブログを続けていく上で重さを伝える必要性がある場面も来るだろう、と思いクッキングスケール買ってみました。

TANITAデジタルクッキングスケール KD-192

クッキングスケール箱
【1kgより重いものも量れて、大きすぎず、シンプルなデザインで、信頼できそうな品質で、なるべくお安い商品】

という条件で探して見つけたのがTANITA社製「デジタルクッキングスケール KD-192」です。
近場のお店で良いのが見つからなかったので、Amazonにて購入しました。

本体と電池
中身は本体と付属品の単四電池2本。
電池はKENDAIという謎のメーカー。怪しさ満点な電池ですわ(・A・)液漏れが激しく心配なので早急に取り替えます。
電池は当然ながら本体も残念なことにmade in china

商品詳細
最大計量は2kg
微量モードで最小は0.1gを表示できます。
ただ、最小表示は重量によって「0.1g → 0.5g → 1g」と変わってしまいます。

ボタンと液晶
ちょっと白飛びしてて見づらいけど、ボタンの説明。
右側にある緑色の「ON・OFF」ボタンが意外に良い。商品によっては「自動電源OFFのみ」というのもあって、電源が切れるまで無駄に数分間も電池を消耗することになるんですよね。

「g/ml」は、重さを量るモード/水・牛乳を量るモードの切替。

その下にある「0表示/微量」を押すとその時点での重さを0gにするというもの。例えば食器だけを乗せて「0表示」ボタンを押し、その後食器にお米を盛り付ければ、お米だけの重さを量れる、ってことです。
また、1gで量れる通常モードと0.1gで量れる微量モードの切替もこのボタン。

ダンボーの重さ
それでは実際に重さを量ってみましょー。
0~200gまでは微量モードで0.1gづつで量ることが可能。ダンボーさんは37.9gでした。
(1gごとの通常モードでも量ることができます)

200g以上の場合
200~1,000gでは0.5gづつでの表示に切り替わります。自動で。

1kg以上
そして1,000g(1kg)以上では微量モードは無効に。通常モードと同じく最小表示は1gとなります。

水の量
mlモードでは水と牛乳をミリリットルで量れます。

便利な機能

フック穴
フック穴を利用して吊り下げることも可能。この部分はスライド式なので利用しない場合は奥に押し込めるので邪魔になりません。

シリコンカバー
緑色の部分はシリコンカバーで取り外しが可能。カバーが料理等で汚れてしまっても楽に洗えます。

誤動作
ちなみにこのシリコンカバーの色があまり好きじゃなく、剥がしたまま使おうとしたところ重さがおかしな数値になりました。何も乗せていなくても、物体が近づくだけで表示が不安定に動いてしまい誤作動します。カバーは必須のようですね。てかどんな仕組みなのさコレ?

本体重量

重量
最後に、このクッキングスケールをクッキングスケールで量ってみたところ重さは365gでした。

え?ああ、この下のクッキングスケールは僕のじゃないんで…

感想

微量モードやmlモードというものが存在する分ボタンも増えて操作も若干ながら面倒になりますが、説明書を読まなくても全機能を使えるようになれるほどシンプルな作りです。
普通に重さを量る分には、ON・OFFボタンを押すだけなので楽ですし。

値段もそう高くなくて満足な品でした。今後このブログで役立つアイテムになることでしょう。

スポンサーリンク
(最終更新:2016年5月20日)
CATEGORY :