Amazonの返品方法と手順をご紹介

スポンサーリンク

Amazonの返品方法と手順
先日AmazonでPC用のマウスを購入したのですが、商品画像と実物で内容が違っていたので初めての返品にチャレンジしてみました。

簡単な返品の流れ

1. 注文履歴から返品する商品を選ぶ
2. 返品理由を記入
3. 専用ラベルを印刷し添付
4. 商品を梱包して発送

Amazonで行う操作(返品受付と専用ラベルを印刷)

注文履歴をクリック
Amazonにログインし、アカウントサービスから「注文履歴」を選択します。

注文履歴一覧
注文履歴一覧から返品したい商品の欄にある「商品の返品」を選択。

返品理由を記載
同時購入した商品の中から返品したいものにチェックを入れ、「返品の理由を選択」して「具体的な理由」を記入したら「次に進む」を押します。
原則として返品は商品到着から30日以内なのでご注意下さい。
商品によっては独自の返品条件を設けている場合があります。

住所と金額の確認
返金予定金額を確認して、「返送手続きを開始」を押します。

返品用ラベルと返送手順を表示・印刷
返送内容はメールでも届き、発送方法の確認や返品状況をメール経由で確認することができます。

返品用ラベルと返送手順を表示・印刷」をクリックして、専用ラベルを印刷。

プリンターを使わない返品方法はAmazonのプリンターを使わない返品・交換の手続きを参照ください

返品ラベルと詳しい返送手順
A4紙を横で印刷したら3枚の紙が出てきました。

・詳しい返送手順・返送料についての説明
・商品受付ID(商品と共に入れる)
・発送先住所(ダンボールの外側に貼り付ける)

使用する紙2枚
返品時に使用するのはこの2枚。
左側のは箱の外側に貼りつける発送先情報。切り取り線に沿って紙を切ります。
右側のは箱の中に商品と共に入れる返品受付IDです。

商品の梱包と返品

商品を入れる
返品する商品を箱に入れます
発送中に壊れたり濡れたりしないよう丁重に包みました。

返品に使用する箱・封筒はAmazonから送られてきたものを再利用するのが確実でしょう。
けど僕の場合はAmazonからのダンボールが巨大すぎたので自前で商品に適したサイズのダンボールを用意しました。

返送受付IDの紙
返品する商品と共に返送受付IDの紙を入れます。

返品する商品の発送
返品する商品を発送します。
印刷したAmazon宛ての紙を貼り、それとは別に「送り状」も貼る必要があります。

僕はヤマト運輸で発送をお願いしましたが、どの配達業者を利用してもかまいません。
今回は「商品画像と実物で内容が違っていた」という商品のトラブル・不具合という理由なので着払いで発送しました。

なお、購入者都合など条件を満たしていない場合は元払いとなります。その場合に着払いで発送したとしても送料を差し引かれての返金となります。
(購入者都合での返品でも送料が返ってくる場合もあります)

Amazonからの返金

商品を発送した翌日(Amazonに到着した日)に返金の手続きが完了したメールが届きました。
アマゾンからの返金完了メール
返品理由がこちらの都合ではないので全額返金されましたが、

返品・交換期間内に返品されたかどうか
商品カテゴリー
返品・交換理由

によって返金額が減額される可能性があります。
詳しくはAmazonの返金についてのページをご確認下さい。

返品・交換の条件

商品は全て返品できるわけではありません。
こちらのAmazonの返品・交換の条件のページをご確認下さい。

スポンサーリンク