安くてシンプルで耐水性のあるブックカバーをレビュー

黒い文庫本サイズのブックカバー

好きな作者の本を買ったから汚したくない。
外出先で読んでいる本を周りに見られたくない。

そんな悩みを解決する、文庫用のブックカバーを買ったよーっていう話。

Rezoko

安くてシンプルで水にも強いよ

では、これより商品紹介をどうぞ!

ブックカバーの見た目とサイズ

ブックカバーの見た目

包装は簡易的です。
500円弱という低価格なので当然というか納得ですね。

黒い文庫本サイズのブックカバー

袋から取り出すとこんな感じ。
邪魔にならない程度の小さなタグが付いていますが、全体的に見た目はとてもシンプル。

MEMO
本の厚みは10~30mmに対応しています

今回購入したのは文庫判サイズです。
他に四六判新書判のサイズが用意されているので、本に合わせてお選び下さい。

ブックカバーの詳細

商品の詳細です。
材質はナイロン製。PVCコーティングにより耐水性と耐火性を向上させています。
ちなみに Made in china。

ブックカバーの実測したサイズ

実際にサイズを測ってみると、113×167 mmくらいでした。

文庫本は一般的にはA6規格(105×148 mm)なので、このブックカバーを着けることによりサイズアップします。本と比較した写真は少し後で。

ブックカバーを開いた姿

ブックカバーを開いた姿。

ブックカバーには栞として使えるヒモがついている

内側にはしおりがついています。

文庫本とのサイズ比較

文庫本とブックカバーを並べて大きさの比較

ブックカバーと文庫本を並べた大きさの比較です。

対応している文庫本サイズのブックカバーですが、カバーの方がだいぶ大きいですね。

装着することにより本は守られますが、ひと回りサイズがアップするので、その分かさばります。

△ 今回お試しした文庫本はコチラ。
2018年にミステリー小説史上初の7冠を制覇した傑作です。

ブックカバーを装着した姿

では、文庫本をブックカバーに装着します。

ブックカバーに文庫本を装着している写真

余裕を持たせた造りのため、スムーズに表紙が入ります。

ブックカバーは余裕がある造りになっている

これだけの余裕がある。キツキツよりは良いかな。

カバー装着後の背表紙側の写真

反対側(背表紙側)もセット。
この商品には取り扱い説明書のようなものは無いのですが、正しい取り付け方は見ての通りです。

カバーをつけた本の様子

で、ブックカバー装着後がこちら。
縦と横が広がるだけではなく、厚みもそれなりに増加してしまいます。

耐水性のチェック

お次は耐水性を確認です。
耐火性も向上との売り文句ですが、レビューのために火をつけるのは勿体ないので耐水性のみチェックします。

マクロレンズで撮影した生地とタグのアップ画像

マクロレンズで撮影した生地のアップ。
タグが真っすぐ綺麗に縫い込まれていました。他の部分も丁寧な縫われ方で、品質は良さそう。

PVC加工により耐水性と耐火性が向上されています。
よーするにビニールコーティングされているわけですね。

耐水性を確かめるため水を垂らしたブックカバー

耐水性のチェックのため水を垂らしてみます。そして1分経過したのが上の画像。
見ての通り、水は表面で留まり内部まで通過していません

注意
防水ではなく耐水なので完全に水を弾くわけではありません。少量の水なら弾く程度と思って下さい。

水を拭きとった後の表面の状態

そして水を拭きとった後の写真がこちら。
写真だとわかりにくいですが、ほんのりと湿っています。
完全な防水ではなく、あくまで耐水なので、もし水分をこぼしてしまったらなるべく早く拭き取りましょう。

カラーは全部で4色

ここで紹介している黒色以外にピンクライトブルーライトグリーンもあり、全部で4色のカバーが用意されています。お好みでどうぞ。

まとめ(良いとこ・悪いとこ)

全体的にひと周り大きくなるとはいえ、それは他のブックカバーもだいたい同じ。

革製のように使い込んでも味はでないけれど、革と違って水にも強く、安いので気軽に使える商品です。

Good
  • 安い
  • シンプルなデザイン
  • 耐水性がある(未検証だけど耐火性もある)
Bad
  • ひと周り大きくなる